後遺障害の等級認定に対する相場

賠償金の算出基準と賠償額のからくりについて解説します。

交通事故の賠償額の相場

後遺障害等級に対する3つの算出基準
後遺障害等級に対する3つの算出基準
事故による怪我がもとで後遺障害が残り、後遺障害等級の認定を受けると、等級に応じて相手方保険会社から損害賠償金の支払いを受けることになります。損害賠償金の算定については、「自賠責基準」「保険会社基準」「裁判基準」という3つの基準があります。自賠責基準は「最低限の補償」のために設けられた自賠責保険の基準であるため、もっとも低い基準となります。保険会社基準は保険会社の内部で独自に定めた基準で、自賠責基準に若干の上乗せがある程度です。裁判基準は過去の裁判例をもとにした基準であり、3つの基準の中で最も高い金額が算出されます。自賠責基準と裁判基準を比較すると、下の図の通り2倍以上もの差が出てきます。
後遺障害慰謝料の算定基準
後遺障害慰謝料の算定基準

保険会社の利益の仕組み

保険会社の賠償額には「からくり」がある
保険会社は、被害者に本来支払われるべき「適正な賠償金額」をもとに保険料を算出していますが、保険会社が実際に支払うのは独自の基準にもとづいた賠償金額(自賠責保険に多少上乗せ)であり、適正金額との差額を利益にしています。
裁判基準より支払い額が少なくすむと
保険会社の利益になる仕組み

①被害者への支払いは自賠責基準に近い金額に抑えることで、保険会社の出費はゼロに近づく

②保険契約者の保険料は、想定される保険支払い額に利益を上乗せして算出されているため、支払いが少ないと利幅は大きくなる

保険会社は民間企業としてサービスを提供している以上、利益を追求することが求められるのは当然のことです。しかしながら、保険会社の賠償額にこのような「からくり」があることなど、一般の方々が知る由もありません。何より、交通事故によって後遺障害が残り、困難な状況に陥っている被害者からすれば、利益を優先するような「からくり」に納得することはできないのではないでしょうか。

保険会社と対峙するには、交通事故分野にあかるい弁護士のサポートがあれば百人力。

運営:弁護士法人みお綜合法律事務所

運営:弁護士法人みお綜合法律事務所

元保険会社側の弁護士が、2002年に被害者側専門の交通事故チームを立ち上げました。後遺障害認定に関する医学知識を持った弁護士たちが、被害者の適正な後遺障害の等級認定に尽力しています。

着手金0円。初回の相談無料。弁護士費用は後払い
交通事故の後遺障害等級の認定はお気軽にご相談ください 。フリーダイヤル:0120-7867-30