後遺障害等級が上がった事例

弁護士のアドバイスにより適正な後遺障害等級を得られたケースをご紹介します。

事例03

受任前
9
解決
7
症状・部位
高次脳機能障害
後遺障害保険金
相談前
616万円
相談後
1051万円

※自賠責保険金

相談のきっかけ

被害者のCさんは、急性硬膜下血腫および外傷性末梢動眼神経麻痺という怪我を負い、さらに高次脳機能障害という重い後遺障害が残りました。
当初、Cさんはご自身で相手方保険会社と交渉を行っていました。しかし、相手方保険会社の示談案が低額だったことや、交渉が思うように進まなかった(相手方保険会社から調停を申したてられていた)ことから、当事務所にアドバイスを求めて来所されました。

解決までのステップ

被害者自らが異議申立てを行い、非該当から9級の認定を得ました。

まず、高次脳機能障害の場合、自賠責の等級認定において1級、2級、3級、5級、7級、9級、非該当のいずれかに認定されることになっています。
当初、Cさんは高次脳機能障害について、非該当と認定されていましたが、ご自身で異議申立てを行い、9級と認定されました(外傷性末梢動眼神経麻痺による正面以外での複視は14級の認定でした)。

弁護士は再度の異議申立てを行い、等級は9級から7級に上昇しました。

弁護士は、Cさんの後遺障害診断書や検査結果の精査を行いました。その結果、Cさんの高次脳機能障害は9級よりもっと重いと感じたことから、より上位の等級を得るために、Cさんの日常生活状況(事故前と比較したもの)を詳細に指摘し、再度の異議申立てを行いました。
その結果、7級の後遺障害等級を得ることができ、労災では5級の後遺障害等級を得ることができました。また、保険会社の示談金額は9級だとしても低額にすぎるとアドバイスしました。

この事例のまとめ

仮に、Cさんが当事務所に来所されることなく後遺障害等級が認定されていた場合、高次脳機能障害の等級は9級にとどまっていたと思われます。その場合、自賠責保険の後遺障害保険金は616万円となります。
しかし、自賠責保険において最終的に7級の認定を得て、後遺障害保険金は1,051万円となりました。当初の後遺障害保険金と比較すると、その差は約400万円にもなり、労災の認定した5級を基準にすると、より大きな違いとなります。さらに、示談や裁判などで最終的に受け取る金額の違いはますます大きくなります。後遺障害を詳細に検討し、より上位の等級を得ることがいかに大切かということがわかると思います。
なお、この事例では、外傷性末梢動眼神経麻痺による正面以外の複視について、厚生労働省が労災の認定基準を見直した結果、自賠責においても認定基準が変更されて、14級ではなく13級とされることになりました。
そのため、裁判において、高次脳機能障害と複視により重い障害の等級を1つ併合により繰り上がることをさらに主張立証しなくはなりません。後遺障害の等級認定基準の変更点についてもフォローしていないと気付かない事例でもありました。

他の事例を見る

  • 10
  • 8

弁護士の指示による追加検査の結果、新たな障害が判明。10級から8級へ。

  • 7
  • 併合4

追加検査の実施、事故前後の生活状況の変化を指摘し、適正な等級を取得。

  • 9
  • 7

後遺障害の内容を検討し、2度目の異議申立てで適正な等級を取得した事例。

  • 2
  • 1

ご家族の介護の大変さを証拠化して異議申立てを行い、2級から1級へ。

  • 5
  • 併合4

小さな後遺障害を見落とさずに異議申立てを行い、適正な等級認定を取得。

  • 14
  • 10

弁護士の指示による追加検査の結果、新たな障害が判明。14級から10級へ。

  • 14
  • 7

診断書の内容について医師に追加検査と意見書の作成を依頼。14級から7級へ。

  • 3
  • 2

後遺障害による支障についての詳細な調査結果を受け、3級が2級に上昇。

  • 14
  • 12

弁護士の検査精査により、事前認定での「骨片の見逃し」が発覚した事例。

  • 12
  • 7級4号

聞き取りや診断書の内容から詳細な立証資料を作成し、12級から7級に上昇。

  • 12
  • 9

専門的知識にもとづく適切な判断と対応により、12級が9級に上昇した事例。

  • 12
  • 9

医学知識にもとづいた正確な見立てにより、適正な等級が認定された事例。

  • 9
  • 7

弁護士が必要な資料を取り揃えたことで、9級から7級に上昇した事例。

  • 非該当
  • 14

被害者が訴える症状から等級認定の可能性を見出し、適切な対応で14級を取得。

  • 併合8
  • 併合7

画像の撮り直しを行い可動域制限を主張した結果、併合8級から併合7級へ。

  • 14
  • 12

手術内容に関する意見書をもとに異議申立てを行い、12級の認定を得た事例。

  • 非該当
  • 14

被害者への聞き取り調査と医師との面談を活かして、非該当から14級の認定へ。

  • 12
  • 併合11

等級変更の可能性があり、資料取付、異議申立を行った結果、12級から11級へ。

  • 14
  • 12

医師の協力を得て画像の精査と異議申立を行った結果、14級から12級に上昇。

  • 併合3
  • 併合1

詳細な日常生活状況報告をもとに異議申立を行い、併合3級から併合1級へ。

  • 14
  • 12

主治医の意見書等を取得し、後遺障害等級が14級から12級に変更された事例。

  • 非該当
  • 12級13号

認定された後遺障害等級の妥当性を判断し、異議申立を行うことで等級が上がった事例。

初回相談無料
予約フォームはこちら
0120-7867-30
大阪事務所 月曜日〜土曜日
京都駅前事務所 月曜日〜土曜日
神戸支店 月曜日〜金曜日
無料サポートのご案内
  • 相談窓口はこちら

運営:弁護士法人みお綜合法律事務所

運営:弁護士法人みお綜合法律事務所

元保険会社側の弁護士が、2002年に被害者側専門の交通事故チームを立ち上げました。後遺障害認定に関する医学知識を持った弁護士たちが、被害者の適正な後遺障害の等級認定に尽力しています。

着手金0円。初回の相談無料。弁護士費用は後払い
交通事故の後遺障害等級の認定はお気軽にご相談ください 。フリーダイヤル:0120-7867-30